コワーキングスペースのコミュニティマネージャーの仕事内容

昨今、在宅ワークが増え「コワーキングスペース」という言葉を耳にするようになってきました。

コワーキングスペースは落ち着いて仕事ができる場所を提供しています。

自宅では集中できない、環境を変えたいという思いで、お気に入りのカフェを利用する方もいます。

お気に入りのカフェはWi-Fi環境が整っていてBGMも心地よく、長時間座っていても疲れない椅子が揃った店舗です。

カフェが提供するのはモーニングやランチ、ブランチ、ディナーとスペースに限りません。

食事をしに、子供から大人まで様々な人が利用します。

カフェに対し、コワーキングスペースは「働く空間」です。

個々働く人たちが一つのスペース「場所」に集まります。

オープンスペースで落ち着いて仕事ができる場所を求めてワーカ―が訪れます。

コワーキングスペースの内装は飲料などカフェのように完備されています。長時間のワーキングでも便利に過ごしやすい環境になっています。

キッチンが完備されたコワーキングスペースもあり、それぞれに特徴があります。

では、コワーキングスペースの「コミュニティマネージャー」とはどんな職業か、解説していきます。

コワーキングスペースのコミュニティマネージャーとは?

コミュニティとは人と人が交流する場です。人と繋がれる時間と場所を企画し成功するように努めます。ただ共有スペースを提供するだけのシャアスペースのマネジメントではありません。

コワーキングスペースにおけるコミュニティマネージャーとは、

ワーキングスペースを求めてやってくるワーカーに対し、仕事を通して、仕事に役立つそんなイベントを開催したり、提供するスペースを有効に利用するため、切っても切れない関係性でしょう。

コミュニティを企画し、ルールを決める、コミュニティのリーダーといえます。

仕事内容

コミュニティは地域住民どうしの繋がりもあります。

地域住民同士のつながりを活発にするため、自治体の街づくりでもコミュニティマネージャーは注目されています。

コワーキングスペースで重要なのは、仕事であること。仕事に関わる、利益につなげることが前提です。

コワーキングスペースをよりたくさんの人に使ってもらうイベント、異なるコミュニティをかけ合わせたり企画し設けます。

事務的な仕事もあります。コワーキングスペースの管理、予約を受け付け整理します。

コワーキングスペースをより円滑に利用してもらえるようコミュニティマネージャーの采配は欠かせません。

求人

求人広告をチェックすると、月収33万程年収にして500~600万ほどです。

コワーキングスペース発祥の地アメリカでは、優秀なコミュニティマネージャーをヘッドハンティングして採用します。

今後日本においてもコミュニティが更に注目されるようになれば、収入も変わると予想されます。

コミュニティを重視する企業にとって、優秀なコミュニティマネージャーの存在は重要になるでしょう。

不動産オーナー、管理会社様、
コワーキングスペース・シェアオフィス運営会社様、
物件情報を掲載しませんか?

コワーキングバンクは、
コワーキングスペース・シェアオフィス運営に
興味関心がある方が見ています。
運営会社
株式会社meetrance
〒186-0002 東京都国立市東1-15-11 国立448ビル3F